2011年05月20日

クマバチとミツバチ

 どうも、G.Mです。
ゴールデンウィークを過ぎてから、遅れていた陽気が一気にやってきましたね。
本日の岐阜市の気温は30度をマーク。梅雨の前に夏が来たような暑さです。

 ゴールデンウィークといえば、僕の地元で催されていたふじ祭に行ってきました。
藤棚の白や紫の花が頭上に広がるその美しさは、なかなか文章では言い表しにくいです。

藤棚.jpg


 花を見上げていると、聴きなれた羽音が。ミツバチが働いているようです。
それに混じって大きな黒い影。藤の花といえばクマバチが好む花らしいですね。
大きく真っ黒な、アーモンド型の体をブンブン言わせて花へ訪れ、花粉を集めています。
花を見に来ている人たちはクマバチを見ると怖がって離れていってしまうんですが、
彼らはハナバチの仲間でとても大人しく、めったに刺すことはありません。
黒くて大きな体、そして名前から怖そうなイメージがありますけどね。

 クマバチがときおり人の周りをブンブンと飛び回るのは、
実は繁殖期の雄蜂が動く物をオスかメスか確かめようとして近づいてくるからだそうです。
なんとも見境いのな…いやいや、面白い性質ですね。


 花を見に来るとつい蜂が来てるかどうかを見てしまうのが、花見での習慣になりました。
G.M
posted by アーヤ at 17:58| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | みつばちアーヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。