2010年05月17日

巣礎はじめました

 どうも、ご無沙汰しております。G.Mです。
 最近、担当が蜂場班から巣礎製造に移りまして、
その移動でバタバタとしていたのでブログを留守にしてました。

 以前よりこのブログにも巣礎製造担当のY氏に頼んで
いろは巣礎について紹介してもらっていたわけですが、
自分で製造してみると蜜蝋の扱いや巣礎製造の難しさを実感してます。
聞くとやるとじゃ大違い。

 蝋を溶かすにしても、大きな釜に蜜蝋を入れじっくりコトコトと…
溶けて液状になった蝋は熱いです。
一度、目にしずくが入って目玉焼きになるかと…
まあ、そこまでひどくないんですけど。
目から蝋が固まったものが落ちて「目から鱗」状態でした。

 出来上がった蝋板から巣礎を加工するのも一苦労。
バウムクーヘンのように蝋のシートを巻きつける作業も、
僕が作るとコマみたいになってしまうわけでして。


 Y氏の動きを見てるとすごく簡単そうにやるんだけどなぁ…
なんでだろう?


新たな仕事場でまだまだ修行中のG.Mでした。
posted by アーヤ at 08:17| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 養蜂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149958313
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。