2011年08月26日

秋きぬと…

 めにはさやかにみえねども、の下の句ってどんなでしたっけ?
どうも、巣礎製造班の「寝るときは扇風機を使う方」、G.Mです。

 盆過ぎあたりから毎日雨ばかりでなかなか晴れた日がありませんね。
夜は涼しくて寝やすいのですが、ゲリラ豪雨は勘弁してほしいものです。
皆さんお盆はどう過ごしていましたか。お墓参りは行きましたか?
昼過ぎにお墓参りに行ったら墓石が猛烈な熱を持ってて、
ご先祖様への水を自分の頭に掛けたくなりました。

 それから母校の大学へ久しぶりに顔を出したんですが、
そこで知り合いの事務員さんから
「スズメバチが巣を作ってて怖いから駆除して」と言われました。
「いや、僕だって怖いし」と答えたら「ハニーハンターでしょ?」と。
「ビーキーパーだし。ワスプのハントもしませんよ」
「でも仕事中にスズメバチ倒すんでしょ」
「本業じゃないし。撃退だけで巣の駆除はしませんよ」
「良いから何とかしろよ」
「業者呼べよ」
と不毛な押し問答をしてました。

とりあえず巣のある現場に行くと建物の二階の窓に出来てました。
見た感じキイロスズメバチの巣です。しかも結構育ってる。

キイロスズメバチの巣.jpg

まぁ、養蜂部の先輩にはスズメバチの巣を駆除したことのある人もいますが、
僕は未経験なうえに何の装備もないので断固お断りしました。

 盆過ぎといえばスズメバチが活発化してくる時期だな、
と季節の移り変わりを感じました。
蜂場での襲撃報告も増えてるし、見かけたらきっちり撃退しないと。
まあスズメバチも出始めの頃は小さいので遠目にはわからず、
羽の音にぞおどろかれぬるということも…。

G.M
posted by アーヤ at 17:31| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | みつばちアーヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

暑気払い

 7月になりました。どうも、毎日汗だくのG.Mです。
 本日、東海地方も梅雨明けしたとみられる、という発表がありました。
梅雨時でも35℃を超えるような暑い日がたびたびあったのに…
梅雨明けしたらどれぐらいの暑さになるのやら。
 去年の暑さも酷いものでした。その年限りだろうと思っていたんですが、
どうやら甘い見通しだったようで。
もはや30℃を超えるのは当たり前、むしろ30℃なら涼しい方と感じてしまう辺り、
慣れというのは恐ろしいものです。

 最近は巣礎製造班に戻って巣礎を作ってるんですが、
蝋炊きの時に蝋を釜で溶かしていると本当に暑いです。
釜のある作業場は冷房設備が無く、窓を開けて換気扇を回すだけなので、
釜から発せられる熱をさえぎるには力不足。
全身から汗を滴らせて作業をしています。
先輩は扉一枚隔てた隣の部屋で空調の利いた中での作業。
蝋の冷却のためとはいえ、うーん、理不尽…。

 しかし巣礎場の外はさらに暑く、この一角だけ気温は40℃を超えています。
コンクリートとアスファルトが日差しで熱せられてすさまじい熱を放射しています。
なので最近は、休憩中に汗で濡れたシャツを洗濯するついでに、水撒きも行っています。
ホースで水をアスファルトに撒くと、気化熱で多少涼しくなったように感じられます。

うっすらと二つ目の虹が・・・.jpg

ちょっと虹も作ってみたりして、休憩中の暑さを何とか誤魔化しています。

 熱中症には気をつけなければいけませんが、だからといって冷たい物を取りすぎたり、
クーラーをかけっ放しにして寝るといったことをすると逆に体調を崩してしまうので、
いつも以上に体調管理に気を配っておかないといけませんね。

今夜は暑気払いに梅酒でも飲もうかな…。
G.M
posted by アーヤ at 17:31| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | みつばちアーヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

春のスズメバチ

 先日から初夏のような暑さが続いたと思えば、
まだ5月のうちから梅雨入りしましたね。どうも、G.Mです。

 ゴールデンウィーク明けから奴らが今年も姿を見せ始めました。
ミツバチの天敵、スズメバチです。
蜂場に行くとたいてい蜜巣を保管している継箱の辺りで重い羽音がします。
継箱の周りを回ってみると、網窓の辺りにやはり奴が。
この時期に見かけるスズメバチはみんな女王蜂で、
冬眠から目覚めた新女王が自ら巣作りと子育てのために外を飛び回っているのです。

 奴らの女王蜂が飛んでいるのは僕たちにとってはまたとないチャンスです。
春の女王蜂一匹を潰せば秋の群れ一群を潰すことになりますから、
僕たち蜂場班は「見つけ次第殺せ」という恐ろしげな命令を厳命されています。
僕が初めて蜂場へ入り始めた頃にも、スズメバチが飛んでくるやNディレクターが
物凄い形相で「殺せぇっ!」という怒号を放つことが時折ありました。
自分が殺されてしまうのではと思いつつ捕虫網を振り回していましたが、
腰が引けていたので逃すことも良くありました。
それを見てまた起こられるので、気分は前門のスズメバチ、後門のN氏。

 今年は割と良く見かけて、そのたびにラケットやら捕虫網やらで大体10匹ほど打ち落としました。

春一匹潰せば秋一群潰したことに.jpg

他の班員からも撃墜報告が多々ありますので、全体ではかなりの数を潰したことになります。
こうして日々多くのスズメバチを殺生していますが、
少しでもミツバチが襲われる可能性が減ると思えばこそ。
もちろんこれだけ倒しても盆を過ぎれば何処からとも無く襲来してくるのですが。

スズメバチとの戦いは果てしなく続く…。

G.M
posted by アーヤ at 17:28| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | みつばちアーヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。